社会福祉法人やまて福祉会 > やまて福祉会事業案内 > TOKYOチャレンジ介護
社会福祉法人やまて福祉会事業案内

 

矢印 TOKYOチャレンジネット 矢印 やまて寮 矢印 TOKYOチャレンジ介護 矢印 豊島寮・杉並寮 矢印 離職者サポート案内ダイヤル 矢印 年末年始・生活総合相談

介護人材育成支援事業 TOKYOチャレンジ介護

介護人材育成支援事業

 

事業名称

TOKYOチャレンジ介護

事業実施期間

平成21年3月から平成23年3月31まで

現在事業は終了しています。離職者支援コースのみTOKYOチャレンジネットへ移行しております。

内容

TOKYOチャレンジ介護は、介護職場への就職を目指す離職者等に対して、ホームヘルパー養成2級課程の資格取得支援をサポートする無料相談窓口です。「離職者等の生活の安定」と「介護人材の育成・確保」を図ります。支援対象者には「離職者支援コース」と「資格取得コース(一定所得以下の方向け)」どちらかの支援を受け、ホームヘルパー養成2級課程の資格取得を目指して頂きます。

支援の内容

生活相談支援

生活状況・就労状況・健康状態などの把握、自立意欲及び能力などのアセスメント、
年齢、身体状況等を考慮した自立意欲の喚起・生活指導など

居住相談支援

民間賃貸物件等の情報を提供、賃貸借契約支援

資金貸付

※離職者支援コースのみ

生活費、転宅に必要な敷金・礼金・仲介料及び布団や冷蔵庫などの家具什器費の貸付など

 

※貸付には手続きや必要書類など、要件が設定されています。なお、暴力団、暴力団関係者の方には資金貸付はできません。

就労支援

東京都福祉人材センターによる就労支援

就労面談・面接・履歴書作成指導・職業紹介など安定就労への支援

採用助成金制度

本事業の対象者を介護職として6ヶ月間継続雇用した事務所・施設に60万円を支給

「離職者支援コース」と「資格取得コース(一定所得以下の方向け)」

支援対象者には「離職者支援コース」と「資格取得コース(一定所得以下の方向け)」どちらかの支援を受け、ホームヘルパー養成2級課程の資格取得を目指して頂きます。各コースの内訳は以下のとおりです。

 

離職者支援コース

資格取得コース(一定所得以下の方向け)

 

離職者支援コースでは生活相談、一時住宅の提供、就労相談などの支援を行っています。また、ホームヘルパー2級等の資格を取得する間の生活費や就職一時資金の貸付制度もあります。

 

■介護の講座を無料で受講

 ホームヘルパー2級講座対象

 

■一時住宅を提供

 一時住宅に、最大3ヶ月間入居可能(水・光熱費・実費相当負担あり)

 

■東京都福祉人材センターと連携した就労支援

 TOKYOチャレンジ介護内に就労相談窓口を設置

 

■生活費、就職一時金を貸付

 生活費:上限45万円  就職等一時金:上限50万円

無利子

据置期間 6か月

保証人なし 

償還期間最大 5ヶ年

 

■介護職に6ヶ月従事した場合は償還免除

 

 

資格取得コースでは、一定所得以下の方向けにホームヘルパー2級等の資格を取得する機会の確保や、介護求人紹介等の支援を行っています。

 

■介護の受講料を助成

 ホームヘルパー2級講座対象・講座修了後受講料全額支給

 

■受講奨励金支給

 講座修了後10万円支給

 

■東京都福祉人材センターと連携した就労支援

 TOKYOチャレンジ介護内に就労相談窓口を設置

TOKYOチャレンジ介護関連資料

PDF

TOKYOチャレンジ介護業務について(PDF)

PDF

TOKYOチャレンジ介護配布用チラシ(PDF)

PDF

TCKタイムズ第1号/第2号

   

 

チャレンジ介護アクセス チャレンジ介護住所
ページのトップへ