社会福祉法人やまて福祉会 > やまて福祉会事業案内 > 年末年始・生活総合相談
社会福祉法人やまて福祉会事業案内

 

矢印 TOKYOチャレンジネット 矢印 やまて寮 矢印 TOKYOチャレンジ介護 矢印 豊島寮・杉並寮 矢印 離職者サポート案内ダイヤル 矢印 年末年始・生活総合相談

雇用緊急対策における年末年始の生活総合相談

平成21年に国は緊急雇用対策の一環として、求職中の貧困・困窮者支援を目的とした「緊急支援アクションプラン〈貧困・困窮者支援〉」を発表しました。求職中の方で、住宅手当等の申請をしているものの年末までに住居が確保できず、年末年始の生活が困難な方に対して生活総合相談を行いました。

 

実施期間

平成21年12月28日午後から 平成22年1月18日まで     現在事業は終了しています。

実施内容

就労相談・健康相談・住宅相談のほか、宿泊・食事の提供を実施。

実施場所

国立オリンピック記念青少年総合センター、他

利用資格

  • 求職中で貧困・困窮状態にあり、かつ、住居のない方
  • 都内に生活実態がある方
  • 都内のハローワークで求職登録の手続きをし、ハローワークカードを所持している方
  • 「年末年始の生活総合相談」を希望しハローワーク・区市住宅手当主管課・区市町村社会福祉協議会・福祉事務所において申し出された方
  • 平成21年12月28日までに、フリーダイヤルによる予約手続き受付を終えた方

利用者の状況 平成21年12月28日午後から平成22年1月18日まで

国の大規模宿泊施設

(12月28日〜1月4日)

利用者数 860名

カプセルホテル

(1月4日)

利用者数 668名

臨時宿泊施設

(1月5日〜1月18日)

利用者数 573名

 

国立オリンピック記念青少年総合センター 年末年始の生活総合相談 年末年始の生活総合相談 年末年始の生活総合相談 年末年始の生活総合相談 年末年始の生活総合相談

 

 

ページのトップへ