社会福祉法人やまて福祉会 > やまて福祉会事業案内 > 豊島寮・杉並寮
社会福祉法人やまて福祉会事業案内

 

矢印 TOKYOチャレンジネット 矢印 やまて寮 矢印 TOKYOチャレンジ介護 矢印 豊島寮・杉並寮 矢印 離職者サポート案内ダイヤル 矢印 年末年始・生活総合相談

路上生活者自立支援センター豊島寮 運営受託

施設名

豊島寮

定 員

70名

事業年月日

平成17年4月〜平成18年4月     現在事業は終了しています。

 

路上生活者自立支援センター杉並寮 運営受託

自立支援センター杉並寮は、東京都と特別区が共同で実施する路上生活者自立支援事業に基づく施設であり、就労による自立を目指す方を支援する生活寮です。施設を利用できる期間は、当初原則2ヵ月です。ただし、この期間に就労が決定し、自立の見込める方は住宅資金を貯蓄するために3ヵ月目の利用延長ができます。また、その後も必要性に応じて生活資金の貯蓄や住宅検討のために4ヵ月目の利用延長ができます。 短期間で抱えている課題を解決するためには、意欲はもちろんですが自立プログラムを職員と共に作成し、計画的に取り組みを行なうことが大切です。

この施設には、健康・就職・住宅などの相談に応じる専門職員がいます。

 

施設名

杉並寮

所在地

〒166−0011東京都杉並区梅里1−14−22

定 員

58名

事業年月日

平成18年4月〜平成23年4月     現在事業は終了しています。

支援内容

路上生活者のうち、緊急一時保護センターのアセスメントにて、就労の意欲がありかつ心身の状況が健康と認められた利用者の意欲や能力を向上させ、就労自立を達成させる支援を行う。

 

本人の意思を尊重しながら、各自の能力や収入に応じた現実的な自立へ利用者を導き、退所後も安定した生活基盤(就労による収入と住居など)を継続維持できるような支援を目指す。

 

また、利用者の自助努力や自立支援センターの支援内では解決できない自立阻害要因により、早期自立が困難と予想される場合には、福祉事務所など関係機関へ協議し、利用者が再び路上生活へ陥らないよう今後の方向性の依頼を検討する。

 

 

ページのトップへ