社会福祉法人やまて福祉会 > やまて福祉会沿革
社会福祉法人やまて福祉会

沿革

昭和48年2月

中高年事業団やまて企業組合が事業開始

昭和50年より

山谷地区日雇い労働者の為の宿泊施設の運営を東京都より受託、その後生活困窮者全般を対象とした宿泊所を設置運営する。

平成13年より

ホームレス自立支援センター豊島寮を特別区人事・厚生事務組合より運営受託。

平成17年3月

社会福祉法人 やまて福祉会の設立許可を受ける。

平成17年4月

社会福祉事業を開始。

中高年事業団やまて企業組合に替わって宿泊所やまて寮・自立支援センター豊島寮の運営を始める。

平成18年4月

自立支援センター豊島寮が開始から5年経過となり、満期をもって閉鎖。

自立支援センター杉並寮の運営開始。

平成20年4月

住居喪失不安定就労者サポートセンターTOKYOチャレンジネット運営開始。

平成21年3月

介護人材育成支援事業TOKYOチャレンジ介護運営開始。

離職者や一定所得以下の方に対する電話による緊急総合案内、離職者サポート案内ダイヤルの運営受託。

平成21年12月

緊急雇用対策における年末年始の総合相談(いわゆる公設派遣村)の運営受託

平成23年4月

自立支援センター杉並寮が開始から5年経過となり、満期をもって閉鎖。

 

ページのトップへ